【EPA】


エイコサペンタエン酸(えいこさぺんたえんさん、eicosapentaenoic acid)の略。

EPAは魚介類に多く含まれ、人間の母乳にも含まれている成分で、LDLコレステロールや中性脂肪を下げて血液をサラサラにする効果があるとされています。

多くの健康食品やサプリメントに含まれている成分ですが、閉塞性動脈硬化症や高脂血症治療薬など医療用の医薬品としても用いられているものです。

 

EPAを含む主なサプリメント

○きなり

○三黒の美酢(さんごくのみず)

 

EPAの詳細(役割・効果・効能)

EPAは体内で脂質を構成するもの(脂肪酸)の一種ですが、その中でも、低い温度で液体(油状)となる種類の脂肪酸(不飽和脂肪酸)であり、動物に比べて低い温度環境で生息する魚介類に多く含まれています。

逆に動物の脂質など、低い温度で固体(脂状)となる脂肪酸は飽和脂肪酸といいます。

 

ドロドロ血などによって様々な病気にならないためにも、脂質の摂取はできるだけ控えることが大事ですが、脂質の多くは飽和脂肪酸よりも不飽和脂肪酸を摂取すべきだとされています。

簡単に言えば、肉よりも魚によって脂質を摂るべきだということです。

 

その魚に多く含まれるEPAは、血液中の血小板が集まることを抑える作用がありますが、逆にEPAの摂り過ぎによっては出血しやすい体質になると言われています。

また基礎研究によって、脂質の代謝や血液が固まる異常を抑える働きが確認され、EPAやDHAの摂取によってLDLコレステロールや中性脂肪が下がることが認められています。

 

しかし、このようなEPAをはじめとする多くの不飽和脂肪酸は、体内で他の脂肪酸から作り出すことができないため、食品などで摂取する必要がある脂肪酸(必須脂肪酸)とされています。

 

【EPA】関連ページ

【アリル(黒にんにく)】
アリル(ありる、Allyl)。 アリル化合物は、ネギ、タマネギ、ラッキョウ、ニンニクなどに含まれている成分です […]
【ポリフェノール(黒にんにく)】
ポリフェノール(ぽりふぇのーる、polyphenol)。 ポリフェノールは、抗酸化作用を促進することで注目を集 […]
【DHA】
ドコサヘキサエン酸(どこさへきさえんさん、docosahexaenoic acid)の略。 DHAは魚類に多く […]