【DHA】


ドコサヘキサエン酸(どこさへきさえんさん、docosahexaenoic acid)の略。

DHAは魚類に多く含まれている成分で、脳や神経の働きを正常に保つ重要なものですが、DHAの摂取により血中の中性脂肪を下げる効果があることから心臓病の危険を低減すると言われています。

そのような健康増進効果があるとされますが、昔と違い魚類をあまり食べなくなった現在では、多くのサプリメントに利用されています。

 

DHAを含む主なサプリメント

○きなり

○三黒の美酢(さんごくのみず)

 

DHAの詳細(役割・効果・効能)

DHAはEPAと同様に、脂肪を構成するもの(脂肪酸)のひとつであり、その中でも、低い温度で液体(油状)となる種類の脂肪酸(不飽和脂肪酸)であり、動物に比べて低い温度環境で生息する魚介類に多く含まれています。

 

DHAは脳、網膜、精液に多く含まれる脂肪酸の主要な成分であり、中でもEPAの全く存在しない脳内に最も多く存在しており、痴ほう症やうつ病などの疾病治療に効果があるとされ研究が続けられています。

また、動物性脂肪に多い飽和脂肪酸は赤血球の細胞膜を硬直化するのに対し、魚類に多い不飽和脂肪酸の中でも高い流動性を持つDHAは赤血球膜を柔軟化するなど、神経細胞を柔らかくすることが分かっています。

つまり、血管の硬直化を防ぎ血流を良くする働きがあるとされています。

 

DHAが体内で生成されるもととなるα-リノレン酸という成分は体内で作り出すことができないため、DHAも広い意味で必須脂肪酸(食品などで摂取する必要がある脂肪の成分)となっています。

【DHA】関連ページ

【アリル(黒にんにく)】
アリル(ありる、Allyl)。 アリル化合物は、ネギ、タマネギ、ラッキョウ、ニンニクなどに含まれている成分です […]
【ポリフェノール(黒にんにく)】
ポリフェノール(ぽりふぇのーる、polyphenol)。 ポリフェノールは、抗酸化作用を促進することで注目を集 […]
【EPA】
エイコサペンタエン酸(えいこさぺんたえんさん、eicosapentaenoic acid)の略。 EPAは魚介 […]