【ビタミンE】


ビタミンE(びたみんいー、vitamin E)。

水に溶けにくく油(脂)に溶けやすい性質(脂溶性)を持ったビタミンの一種で、トコフェロール(tocopherol)とも呼ばればす。

抗酸化物質としての働きがあることから、疾病の治療のために医薬品に利用されているほか、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として食品、飼料などに広く利用されています。

 

ビタミンEを含む主なサプリメント

○きなり

○三黒の美酢(さんごくのみず)

○皇潤

 

ビタミンEの詳細(役割・効果・効能)

ビタミンEはガンの原因ともなり得る物質から細胞を守る働きがあるとされ、抗酸化物質としての役割を持ちます。

また、放射線の照射により赤血球が溶血する現象が、ビタミンEを投与することにより抑制されることも確認されています。

ひまわり油、コーン油、オリーブ油、大豆油などの植物油に豊富に含まれているほか、アーモンド、ピーナッツ、大豆などの種や実にも多く含まれています。

【ビタミンE】関連ページ

【アントシアニン】
アントシアニン(あんとしあにん、anthocyanin)。 アントシアニンは、果実や花の赤、青、紫色などの素と […]
【ピロリン酸第二鉄】
ピロリン酸第二鉄(ぴろりんさんだいにてつ、ferric pyrophosphate)。 ピロリン酸第二鉄は、体 […]
【アリル(黒にんにく)】
アリル(ありる、Allyl)。 アリル化合物は、ネギ、タマネギ、ラッキョウ、ニンニクなどに含まれている成分です […]
【ポリフェノール(黒にんにく)】
ポリフェノール(ぽりふぇのーる、polyphenol)。 ポリフェノールは、抗酸化作用を促進することで注目を集 […]