【ビタミンB6】


ビタミンB6(びたみんびーろく、vitamin B6)。

ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類され、ピリドキシン (pyridoxine)、ピリドキサール (pyridoxal) およびピリドキサミン (pyridoxiamine) などの種類があります。

かつお、まぐろなどの魚類のほか、レバーや肉など動物に多く含まれており、アミノ酸の代謝や神経伝達、つまり筋肉や血液を作ることに用いられるものです。

ヒトの体内では不足することはないとも言われていますが、抗生物質の使用などによって不足することもあるとされています。

 

ビタミンB6を含む主なサプリメント

○きなり

○三黒の美酢(さんごくのみず)

○皇潤

 

ビタミンB6の詳細(役割・効果・効能)

ビタミンB6が不足すると脂漏性皮膚炎、舌炎、口角症、リンパ球減少症などが起こるとされています。

欠乏すると成人ではまれに、成人では希に、うつ状態、錯乱、脳波異常、痙攣発作などが起こるとされています。

生理前に憂うつな症状のでる月経前症候群の人は、このビタミンB6が不足ぎみであることが多いことが分かっています。