【ビタミンB12】


ビタミンB12(びたみんびーじゅうに、シアノコバラミン cyanocobalamin、ヒドロキソコバラミンHydroxocobalamin など)。

ビタミンB12はコバルトを含むビタミン、コバラミンの総称で、ヒドロキソコバラミン、アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、シアノコバラミン、スルフィトコバラミンがあります。

水溶性のビタミンであり食品のたんぱく質と結合しているもので、海洋性食品である海苔、貝のほか、動物性食品の肝などに多く含まれており、穀物や野菜などの植物にはほとんど含まれていません。

ビタミンB12は、身体のすべての細胞の代謝に関わっているもので、特にDNA合成と調整、脂肪酸の合成、エネルギー産生などに関わっています。

不足するとDNA合成に異常が起こり様々な細胞の成熟が正常に行われなくなることから、菜食主義者はこの欠乏症に注意が必要であり、各種サプリメントなどにも含まれています。

 

ビタミンB12を含む主なサプリメント

○皇潤

 

ビタミンB12の詳細(役割・効果・効能)

ビタミンB12が不足した場合、葉酸がその代わりの役割をするため、すぐに欠乏症になることはありませんが、葉酸も欠乏すると悪性貧血のほか、潜在的で深刻な脳や神経に障害をもたらすとも言われています。

疲労、抑うつ、物忘れのようなちょっとした症候も、ビタミンB12の不足が原因で現れることがあるようです。