【ビタミンB1】


ビタミンB1(びたみんびーいち、vitamin B1)。

水溶性ビタミンの一種で、チアミン (thiamin, thiamine) やサイアミン、アノイリンとも呼ばれます。

酵母、豚肉、胚芽、豆類などに多く含まれており、糖質および脂肪酸の代謝、つまり糖質をエネルギーに変える働きがあります。

日本人はビタミンB1摂取量の半分を穀物から取っていると言われていますが、麦飯、玄米などを食べていた頃に比べると、多く含まれている胚芽や米ぬかを取り除き、白米にしてきれいに洗って食べるため、不足しがちになっているそうです。

多くのサプリメントに含まれている成分であり、水溶性のため過剰摂取による問題もありません。

 

ビタミンB1を含む主なサプリメント

○きなり

○三黒の美酢(さんごくのみず)

○皇潤

 

ビタミンB1の詳細(役割・効果・効能)

水溶性のため、食品中に含まれる半分近くが調理において損失すると言われています。不足すると脚気や神経炎などの症状を生じるとされています。

特に糖質が多くビタミンB1を含んでいないケーキやお菓子類を多く摂取する場合は、神経痛、筋肉痛、関節痛などのビタミンB1欠乏症が出やすくなります。

耳鳴りなどの治療にも、ビタミンB1誘導体が薬の主成分になっているアリナミンAなどが用いられます。