【アリル(黒にんにく)】


アリル(ありる、Allyl)。

アリル化合物は、ネギ、タマネギ、ラッキョウ、ニンニクなどに含まれている成分です。

ネギ属の植物には切ったときに涙が出る原因となる硫化アリルをはじめとする、アリル基を有する硫黄化合物が多く含まれており、それらは脂質を減らしたり血液をサラサラにする効果があるとされています。

また、にんにくには、そのようなアリル化合物のひとつS-アリルシステインが含まれており、ポリフェノールと同様の抗酸化作用の働きがあります。

 

アリル化合物を含む主なサプリメント

○三黒の美酢(さんごくのみず)

アリル化合物の詳細(役割・効果・効能)

ネギ属のネギ、タマネギ、ラッキョウ、ニンニクなどの植物には硫化アリルをはじめとする、硫黄化合物が多く含まれていますが、その中でも、S-アリルシステインは、熟成させた黒にんにくにしか含まれていないアリルです。

にんにくを熟成することによって生まれるS-アリルシステインは、抗酸化作用、肝臓障害の予防作用、がん予防作用、がん細胞の増殖抑制作用など、さまざまな薬理作用を持つことが報告されています。

このように、にんにくに含まれる健康成分は、熟成させて黒にんにくにすることによって豊富に含まれるようになるため、熟成黒にんにくが含まれたサプリメントが多くあります。

【アリル(黒にんにく)】関連ページ

【ナットウキナーゼ】
ナットウキナーゼ(なっとうきなーぜ、Nattokinase)。Kinase(キナーゼ)とは、リン酸化酵素のこと […]